楽天エコ。

画像

今日、はじめて楽天フルキャストでのボランティア活動に参加しました。このボランティアは会場のごみ分別運動。

会場内で出たごみを「エコステーション」なる収集場で待ちうけ、すかさず来場されたお客さんに分別を促すものです。
燃えるごみ プラ 資源ごみ(割り箸 綺麗な紙類) といった形です。

画像

また、もう一つの活動として「場内の紙コップ回収」もあります。フルキャストスタジアムでは全てのドリンクを紙コップに移して利用するためこの紙コップを場内備え付けのゴミ箱を回って回収するのです。

実際に参加してみると、ごみ処理の大変さやお客さんの無関心さに気づかされることばかりでした。普段、「これって誰かが分別してるかも・・」なんて想像もしません。しかし、実際に「クリーンなスタジアム」「気持ちよい楽天ゲーム」を望んで活動されている多くのボランティアの方がいることを教えていただきました。

今回は、専門学校生ならびに卒業生の皆さんとともに参加したのですが、ボランティアチームのどのスタッフの方からも、暖かくそして丁寧に、この活動の内容を話していただきました。

人間の幹(みき)となる部分ってこんな姿にも現れるんだなぁ・・。と、普段の自分を回想して、ただただ頭が下がるばかりでした。

一緒に参加してくれた学生さん達も「充実した時間を過ごすことができた」と話してくれました。
ゲームも見れない、裏方のポジションながら、せっせと紙コップ、路上のごみを拾い、時々ラジオから流れてくる中継を聞いては「おっ、逆転だぁ!!」と楽天の様子に一喜一憂する姿に学生の彼女たちもいろんな物を感じ取ってくれていたようです。

画像

また行こうと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック