active body 公式ブログです。

アクセスカウンタ

zoom RSS 無関心

<<   作成日時 : 2008/02/15 11:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

あからさまな憎しみより

無関心や無頓着のほうが、

往々にしてより大きな打撃をあたえるもの。

J・Kローリング「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」より


「愛情」「愛」の対語は、「愛していない」ではなく、「無関心」なんですね。先日、ある先生から教えてもらいました。

社会で起こる様々な犯罪において、多くの犯罪者の心には『過去の無視された記憶』や『過去にいじめられた記憶』が根付いているのだそうです。

人は、無視までいかなくとも、愛されるべき相手から関心をもってもらえるはずの相手から、心を注いでもらえないと気持ちは萎えていきます。 それが長い時間続くと・・・。

大人になってからはさらに難しいですね。「私だけを見て」とはいきません。

関心を持ってもらいたいと思っている人の行動は、往々にして自己中心的になりがちです。
大きい、小さいはあるものの、少なからず何かしらのアピールをしています。

先日も学生と話をしている中でこんな話をしました。

「実際、 腹を割って話せる仲間 ってなかなか難しいですね。同じクラスメートでも、隣の人が何に興味があるとか?どんな事が好きか?なんて実はあまり知らなかったりするんです。」
「以外と友達の事であっても知らないって事だなぁ・・・。」

『コミュニケーションスキル』が多くの書籍でも良く取り上げられています。
「コミュニケーション」の表現の仕方について「スキル」として提供するものが多いと思います。

しかし、「コミュニケーション」は「スキル」に限定されるはずはありません。

何よりも大切なのは

「あれ?彼は今日どうしたんだろう?」
「あ、今日なんか嬉しい事あったでしょう??」

なんて事に気づこうとする「ハート」をもつこと。「気にしてみる」ことが大切なんだと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本当にそう思う。
私も1教室の長として、いつも生徒や講師とのコミュニケーションをしっかりとっていこうと思ってる。
それは決して『頑張ること』ではなくて、相手に興味を持つこと。
私は幸い、多くのことに、一人ひとりに興味を持つ性格。
でも『生徒に興味を持てない』と話していた教室長もいました。
いつからだろう。
こんなにコミュニケーションが難しくなってきたのは…

教室のみんなのことを愛せている自分。
幸せだと思います。
もんち
2008/02/15 13:56
もんち!書き込みありがとうございます。
「興味」や「気にする事」をすすめなくしている事の一つに、「思い込み」があります。年の差や立場の違い、人からの評判などに 人は簡単に左右されちゃうもの。それはとても強みになる事もあるけど、多くの場合残念なケースが目につきます。 そんな自分に気づくかどうか? 脳科学者の茂木健一郎さんは、「相手に興味を持ってもらうための方法の一つに、自分の弱さをさらけ出す事ですすめられる」と話していました。 あ、そうかも。って。

弱さを見せられる人は、周囲に「自分は心を開いている事を公表しているようなもの」なんですね。だから周囲の人も心を開いてみようかな・・って思えるのかもしれない。

年を重ねるとだんだんできなくなってきちゃう「弱さを見せられる自分」にもちょっと向き合って見たいと思います。
あおしま@とれーなー
2008/02/15 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文

activebodyはJATIの活動を応援します

画像

無関心 active body 公式ブログです。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる