一関紀行 其の二 空飛ぶだんご 

画像


今回は、宿泊を 厳美渓 にとらせていただきました。

厳美渓(げんびけい)は、岩手県一関市にある磐井川中流の渓谷です。
栗駒山を水源とする。全長2km。1927年に国の名勝及び天然記念物に指定されたという絶景!!


古くから景勝地として親しまれており、一帯を治めた伊達政宗もこの地を賛美していたそうです。
有名な平泉にも近く、戦後になって平泉が観光地として人気が出たため、それに伴い、厳美渓も観光客が急増したのだといいます。現在も、年間約90万人が訪れる県南部有数の観光地です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%B3%E7%BE%8E%E6%B8%93より)

そんな絶景の中、 渓流を飛び越えるザルがある事に驚きました!!

画像


これは、厳美渓名物の 郭公だんご です。

画像

これは渓谷の休憩所に設けられてあり、ワイヤーロープでつないだ籠に代金を入れ合図の板を叩くと、
対岸の店が注文を聞いて、だんごと茶を提供してます。

かなりのスピードで降りてくるにもかかわらず、お茶3つは見事に到着します。
団子はあん・ごま・みたらしが3本セットでどれもおいしく頂けます。

絶景の渓流を だんごが飛ぶ・・・。 傍から見ていても、実際に買ってみても、十分楽しめるアトラクションです!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック