【偶然の好運・有益な情報に出会う能力】 セレンディピティ

画像


先日、福岡高校で話した【セレンディピティ】についてwikipediaから調べてみました。

セレンディピティ(英語:serendipity)は、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉である。何かを発見したという「現象」ではなく、何かを発見をする「能力」を指す。平たく言えば、ふとした偶然をきっかけに閃きを得、幸運を掴み取る能力のことである。

「serendipity」という言葉は、イギリスの政治家にして小説家であるホレス・ウォルポールが1754年に生み出した造語であり、彼が子供のときに読んだ『セレンディップの3人の王子(The Three Princes of Serendip)』という童話に因んだものである(セレンディップとは現在のスリランカのことです。すなわち、題名は「スリランカの3人の王子」という意味である。

ウォルポールがこの言葉を初めて用いたのは、友人に宛てた書簡において、自分がしたちょっとした発見について説明しているくだりにおいてであり、その書簡の原文も知られている。

Serendipity: the natural ability to make interesting or valuable discoveries by accident

– Longman Dictionary of contemporary English

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • エアマックス 2013

    Excerpt: 【偶然の好運・有益な情報に出会う能力】 セレンディピティ 東北にも、こんなトレーナーがいます。/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 2013 racked: 2013-07-10 05:54