【トレーニング指導】名取北高校サッカー部へ伺いました!成長は、いくつもの「眼」が底上げをする!!

画像


1月2回目のサポートで 名取北(通称ナトキタ、または北高)サッカー部に伺いました。

今回は、これまでに行ってきたRun Skill Trainingの応用動作と、ジャンプコーディネーション、ヘディングコンタクトをテーマとして実施しました。

特に悪い行いをした記憶はないのですが・・・。

チームに到着して、「さぁやろうか!」とグラウンドに出てみると、ものすごい突風!!
これが一向に止まず、導入の時点で口が動かなぁぃ…。 しどろもどろの解説から入ってしまいました。



このチームのサポートは、実は日頃から助けてくれる裏方チームが存在します。

それは、僕が教えている専門学校の学生トレーナーチーム諸君ズ です。

彼らは、僕がトレーニング指導をする際にいつも横でアシスタントをしてくれるのですが、それだけでなく僕が活動する月1~2回のこのトレーニングセッションを、僕に代わって平日の練習時に彼らだけで足を運び、選手に提供してくれています。

僕としては、1回のトレーニング指導をしているのですが、平日に継続して来てくれている「チームナトキタトレーナーズ」にフォローをしてもらっているのです。

今日の活動で4日目になる指導なのですが、選手の動作学習に明らかな「変化」を確認することができました。これは学生諸君ズが、こまごまと裏方で声掛けを行ってきた成果なんだと思います。

・・・やっぱり、継続 。

継続できる仕組みがあるのと、ないのとでは、定着する速度に明らかな違い、「差」が生まれることを今回実感させてもらえました。

多くの人との連携によって、チームにかかわりを持つこと。
役割分担を明確にし、そこに使命感を持つことで、クヲリティーが格段に上昇する。

このチームの成長伸びシロはまだまだ広がっています。 
総力をあげて、急上昇を狙っていきましょう!!





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック