トレーナースピリッツが芽を出すトコロ/第13回全国学生トレーナーの集い

画像


すっかり更新を怠っていました・・。申し訳ありません。
この1週間、実に様々な出来事がありました。

さて、その最初が【第13回全国学生トレーナーの集い/東海大学】です。

3月9~10日の1泊2日 東海大学湘南キャンパスにて開催されました。

この【集い】とは、その名が示す通り【学生トレーナーとしての気づきや学びの方向性を知る事、そして同じ夢をもつ仲間と出会える機会】を提供する場として長年行われています。


実は、僕のトレーナー人生も10年前の 第3回集い/国際武道大学 から全てが動き出しています。

10年たち、当時の仲間は皆 プロトレーナーとして活躍したり、今回の僕のように学生を引率する教員となっていたり・・。激動の10年を振り返る機会となりました。

このイベントには、およそ600名近くの学生が集まりました(実は、申し込み多数のため一部はお断りもしています・・)600名もの学生たちが、主催者側の意向でバラバラにグルーピングされ、様々な意見交換ができるように工夫されていました。

10年前は、100名前後の参加数でしたので、当時は柔道場に参加者全員が布団を敷いて、夜通し語り合ったのも思い出されます。

今回は、数も数なのでそれぞれにホテルが割り当てられていましたが、学生の中には夜通し話しあった者もいたようです。

こうした「血の通った集い」というと大げさかもしれませんが、技術・知識の習得を正面から外し、あくまでも「トレーナースピリッツ、学生としての学ぶべき姿」に照準を絞った集いは全国にここだけではないでしょうか?

だからこそ、『意味がある』

自分のスタート地点がある幸せ。

ともに歩き出した仲間がいる幸せ。

10年という財産を振り返えられる幸せ。

こんな幸せを確認すると同時に、
新たに 【人を育てる立場になった自分の原点】もここから始められるような気がしました。

恩師の言葉一つ一つに、今一度 僕が目指すべき姿、あるべき姿を見つめなおしてみたいと感じた2日間でした。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック