【トレーニング指導】「基準をつくる。」 フィットネス測定 山形学院高校バレー 

画像


2月から本格的に始動した、山形の活動です。

まずは 基準作りと現状把握 を目的とした フィットネス測定&整形外科的メディカルチェックを行いました。

投げる、飛ぶ、走る 事を軸とした測定です。

動作の問題点やスキル学習の不足をみるには、 ある種の杓子定規 をあてがう事で見やすくなります。

競技の専門動作を 単純な動作パターンへ分解し、同じ目線をもてるようにしていきます。

こういった場面をコーディネートすると コーチや監督との共通理解が得やすい という利点もあります。


選手は必至ですが・・。


またフィットネス測定と同時に 整形外科的なメディカルチェックを実施する事で もう一段階下がった、機能低下や問題点をスクリーニングし、 障害予防のための情報収集ができます。

さてさて、測るばかり・・。では ダメ。

大切なのはここからの 評価と 具体的なプログラム提供 です。

「トレーニング種目」に変身させてこそ の測定活動 です。

結果が楽しみです!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック