テーマ:学生トレーナー

力が出せる時代

夢をつかんだ奴より、 夢を追ってる奴の方が 時には力を発揮するもんでさぁ。 (銀魂、空知英秋) 昨日、僕の下でアシスタントをしてくれていた学生トレーナー達の送別会がありました。 春からそれぞれが、また新たな道を選んで進んでいきます。 一人一人が違う経験をしたし、違う事を感じた2年間だったよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強くなれた1年。

自分のためじゃなく、 誰かのためにがんばれるようになった時、 強くなれるんだな。 (NHKドラマ「どんど晴れ」) 専門学校の授業が本日で終了しました。 2年間の生活を終えた者、 入学してからの1年をやっと乗り越えた者、 様々です。 自分にとって最高の1年であったかどうか? それは、“自分のために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢を手に入れることのできる者

目の前のことに 一生懸命になれない奴が、 夢を語る資格なんてない。 (バンビ~ノ!、せきてつや) 先日、僕のアシスタントとして活動してくれていたトレーナーが、 「来年度から有給スタッフに昇格」することが決まりました。 学生トレーナー時代からずっとコツコツ活動をしてきた結果をクラブが認めてくれたのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとの努力 の問題

私たちに起こる問題は、すべて 「ちょっとの努力が必要な」 問題ばかりです。 そのちょっとの努力を するかしないかの違いが、 人の能力の大きな差として 出てくるのです。 (一冊の手帳で夢は必ずかなう、熊谷正寿) ちょっとの努力。・・できてないなぁ。 ちょっとの我慢や、ちょっとの気配り。 ちょっとした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

譲れない!・・でしょ?

他人には、 どんなにつまらなく見えても、 譲れないものがある。 他人が捨てたものでも、 自分では残したくなるものもある。 (作者不詳) “譲れないもの”を忘れかけていない? 必死になって向き合ったはずのものがあったんじゃないかな? 例えば、プロ意識とか。 学ぶ者の姿勢もそう。学びを指南する者の姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

できる事に全力になる。

人生において 自分でコントロール できないものを嘆かず、 コントロールできるものに対し 全力投球で生きている。 (雑誌「プレジデント」) 僕たちは、“できること” と “できないこと” の狭間で揺れ動く時があります。 できそう・・。 できなさそう・・。 できるかな・・。 でも、・・・。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“手ぶら”ではもったいない。

"手ぶら"で行かない。 現場に向かう時も、誰かを訪ねる時も、自分の時間に入る時も・・ いつでも、「何か一つを準備していく」と良いいですね。 誰かを訪ねる時には、”お土産”を持参するように、 現場に行く時には、「選手へトレーニングプログラムのお土産」を持参する。 また、授業に向かうなら「話題」を持参する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『できる』と思いこむ

「できない」思い込みも、 「できる」思い込みも 強さは同じだ。 (いい言葉は、いい人生をつくる、斎藤茂太) 嬉しい出来事がありました。 僕の下で学んでいた、学生トレーナーの2人が 『公認トレーナー1次試験』を合格しました。 国内でも、資格取得者はまだ1000人ちょっとしかいない、公認トレーナー取得者に一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからやってくる!

最善はこれからやって来るのだ。 The best is yet to be. (ロバート・ブラウニング) 明日から、2009年の学校生活が始まりますね。 さぁ、エンジンをかけていこう!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「続ける理由」

夢を追うと必ず一度は挫折をあじわう。 その時、人は、あきらめる口実を探し始めてしまう。 スポーツをしてる人なら、体が小さいからとか… そんな時は、 「やめる理由」を探すより、 「続ける理由」を探して下さい。 (阪神タイガース、下柳投手) 物事を「辞める理由」が必ずしも、挫折だけとは思いませんが、たし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来への原点を創る。

学生トレーナーや卒業生トレーナー達の交流の場、「第4回トレーナーズキャンプ2008in秋保」が開催されました。今年のテーマは「what?トレーナー あなたにとってのトレーナーとは?」です。 宿泊型のこの企画は、今年で4回目を迎えます。 企画・運営全てを現役の学生トレーナーらが行い、所属の違う様々な学校の学生・卒業生らが集ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原点は「人」

先日、 JATI主催学生トレーニング指導者研修交流会が開催されました。 学生の交流をメインとした「全国規模での交流会」は先に11年ほど「全国学生トレーナーの集い」が行われていますが、【トレーニング指導者、フィットネス業界、運動指導者】といった カテゴリーに分化した交流会はおそらく初めての開催だったのではないでしょう…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

一人では、何も変えられない?

学生トレーナーがまた今年も新加入する時期がやってきました。 今年のメンバーはどんな想いと夢をもっているのでしょうか? なかなか一人では最初から行動できないもの。 でも、いつかはそこを破らないと前には進めない。 ましてや、「望むモノ」があるのならなおさら。 いつでも良いと思います。自分でドアを開けられる時が来たら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸惑いと決心

東北地域はこの土日月において、高校総体県大会が開催されています。 今年は例年になく、多くの学生トレーナーが各チームに帯同していたようです。 実は、現場で活動している「学生トレーナー」達に協力をしてもらい、次のような企画を実施してみました。 それは、「各現場をメールネットワークでつなごう!!」というもの。 どうした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学び始めに思うこと。

今週より、トレーナーの卵である「学生トレーナー」の研修受け入れが始りました。現場には緊張した表情の学生諸君が来てくれています。 さて、何を感じ、何を学んでいくのでしょうか? 「気づき」が学びの中では大切な要素 だと思っています。 そして、「気づき」を生むための大切な準備は、「興味」にあります。 「興味」を生むための第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私は、ちゃんとやってる!」って顔が言ってる。

誰もが、自分が一生懸命に打ち込んでいるものに対して、少しずつの”自信”をもっていきます。  それは、成長だと思うし、前進していると思う。 でも、こんな事があるかもしれない。 「私はちゃんとやっているよ!」って顔を周りにひけらかしていないかな? 「私は・・・、私は・・」と口に出る事が増えていたりして・・? 一生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踏ん張って。だから、僕らはワクワクできる。

先日、こんな事を会話しました。 20代で、「自分が本気になれる事」に出会えたやつは、実はとても幸せだよ。 ”やりたい事”を見つけられる事自体が非常にまれだし、幸運だよね。 「じゃあ、本気になるってどんな感じかな?」 「僕が思うのは、”カラダの中から出てくるワクワク感”なんじゃないかと思うんだ。」 「ここは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「尽くす」事を考えてみよう。

「尽くす」とはどういう事か? と執筆されていた記事を読んで、考える機会を持ちました。 僕達トレーナーの仕事は、「選手のために」と言いながら仕事にあたることが多くあります。僕の場合、「教員」の顔もする時があるので、なおさら学生を相手に「選手のために行動するのが大切だ!」なんて声を大きくして言ってしまいます。 「選手のために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変わらないものを見て。

先日、恩師の先生と話をする機会がありました。 僕が学生時代からお世話になっている先生ですが、実はきちんと顔をつき合わせて会話ができたのはこれが初めてです。  学生時代から何度もお話を伺ってはいたのですが、実はいつも『話を聞かせていただく』事が多く、僕からコメントする事がありませんでした。とはいえ、決して先生が威圧的だとか…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

人間の脳は、成功体験からしか学ばない。

人間の脳は、成功体験からしか学ばない。 よく、苦労をする事の大切さを説くことがありますが、実は、苦労をした後に「成功を体験する」事があって初めて、人はそこから何かを学び取る事ができるのだそうです。 苦労だけでは、学びの効果は薄い。 その後の成功にたどり着くところまでやり遂げて、初めて「身につく」事を実感できる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

メンバーシップ。

“チーム”を構成して、仕事や作業に取り掛かる事があります。これは、ビジネスや学校、クラブ活動などで多く経験されることです。この”チーム”活動をスムーズに進行させるには、様々な力が必要とされます。 ビジネスに関する書籍では、コーチング、リーダー論、リーダーシップ、コミュニケーションスキル・・・etc と言った角度から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花が咲きました。成長はトマトも、人も?

早いもので、どんどん成長していきます。脇芽をとり、水の加減に気を使う以外は何も手をかけていないのですが、どんどん大きくなります。 一緒に植えた二十日大根はやはり二十日を過ぎる頃には収穫できるまでになるのでしょうか?? さて、成長著しいのはトマトだけではないようです。この春入学した専門学校の学生さん達も、それぞれのス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽天エコ。

今日、はじめて楽天フルキャストでのボランティア活動に参加しました。このボランティアは会場のごみ分別運動。 会場内で出たごみを「エコステーション」なる収集場で待ちうけ、すかさず来場されたお客さんに分別を促すものです。 燃えるごみ プラ 資源ごみ(割り箸 綺麗な紙類) といった形です。 また、もう一つの活動として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2回トレーナーズ寺子屋 開催!!

2月に開催した第1回にひきつづいて、新年度最初のトレーナーズ寺子屋が開催されました。今回は、何と27名の参加者!!  新年度となり、新たな学生が多く参加してくれました。今回のテーマは、「整形外科領域でのトレーナーに関するトピックス」です。2人の方が発表をしてくださいました。 まずは、参加者同士の情報交換タイム。せっかく知…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

光る 輝 ヒカル

「ひかる」とキーボードで変換すると、 光る ヒカル 輝 晃 玉 などと出てきます。 今日の授業の中で、僕が「現場のトレーナーが実際に使っているバッグの中身は?」 と紹介をしたのですが、そのバックを興味深く覗き込んでいた学生の眼差しが、僕には 「あ、目がひかってる」と思わせてくれました。 彼らは、この春入学し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幹となる部分

専門学校に新しい学生の皆さんが入学し、最初の授業がはじまりました。 僕が担当する授業では、「トレーナーって何すんの?」を教える授業です。 何するんでしょう? 自分でやってて言うのもなんですが、 授業の準備をしていると、あらためて考える時間を持つようになりました。 技術的なことをあげると、結構多いものです。 テー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラダ塾 開催

あおしまです。下記の通りセミナーを開催いたします。 ご希望される方、また興味をお持ちの方がいらっしゃいましたらご紹介ください。 □スポーツ指導者のためのカラダ塾(テーピング) 日程:6月16日、7月7日、7月21日(全3回) 会場:仙台市民活動サポートセンター研修室3 時間:19:00-22:00 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たに。

仙台管区気象台は6日、仙台での桜(ソメイヨシノ)の開花を宣言しました。平年より6日早く、昨年より7日早いとのことです。(河北新報社より) 本日、僕が担当している専門学校の入学式がありました。 毎年のことですが、早いものでもう4回目です。300名近くの学生たちがあらたな希望と思うを持って入学してきました。 スポーツを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寺子屋すたーと

学生トレーナー同士が交流するための場として「トレーナーズ寺子屋」と銘打った勉強会をおこないました。 内容は、参加者同士の情報交換会と学生からのトピックス発表です。 僕のところで活動してくれている2人の学生トレーナーが、日頃の活動をまとめて、発表をしてくれたのですが、「おお、やるじゃん!!」という姿を随所にみせてくれて、とても感動し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒業生勉強会

ここ一月ほど、卒業生を対象とした トレーナー勉強会をおこなっています。 内容は「アスレティックリハビリテーション」を中心としながらも、それぞれの職場の話や 進路の話、他の同窓生がどうした、こうした・・など。 この勉強会は、いろんな年代の卒業生が集まっておこなっています。そのため同じ「卒業生」 とはいえ、お互いの知らないこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more