テーマ:学生トレーナー

【トレーナーサポート】 福岡高校バスケ部(岩手県) 仙台遠征をサポートしました

7月の3連休 日頃お世話になっている 福岡高校バスケ部の男子チームが仙台遠征をおこないました。 いつもは、僕が岩手に出かけるのですが 今回はチームがこちらに来てくれるという事で、学生トレーナーの教育活動も兼ねて伺う事ができました。 3日間の遠征のうち2日間のお手伝いとなりました。 初日は、チームが練習ゲームを終えた…

続きを読むread more

こうやって、学んでいく。「伝える」事の本質/学生トレーナー発表企画が行われました。

トレーナー育成の専門学校で教員をしている立場から、今回「学生トレーナーによるプレゼンテーション企画」に立ち会うことになりました。 この企画は、現在2年生である先輩トレーナーが、1年生の学生に向けて【自分たちが学んできたトレーナー力】を紹介するものです。 ここでは、 企画⇒準備⇒プレゼン までが全て学生自身の活動です。 …

続きを読むread more

【日本体育協会公認アスレティックトレーナー合格】 継続が実る。2人のトレーナーが始動

本日、僕が勤務している仙台リゾート&スポーツ専門学校の卒業生2名が 日本体育協会公認アスレティックトレーナー の資格取得試験に合格したとの通知が届きました。 この試験は現在国内で唯一の 日本体育協会公認 トレーナーラインセンスとして位置付けられているものです。 そのため、国内でも多くの人々が受講をし、資格取得を目指すので…

続きを読むread more

トレーナースピリッツが芽を出すトコロ/第13回全国学生トレーナーの集い

すっかり更新を怠っていました・・。申し訳ありません。 この1週間、実に様々な出来事がありました。 さて、その最初が【第13回全国学生トレーナーの集い/東海大学】です。 3月9~10日の1泊2日 東海大学湘南キャンパスにて開催されました。 この【集い】とは、その名が示す通り【学生トレーナーとしての気づきや学びの…

続きを読むread more

【トレーニング指導】名取北高校サッカー部へ伺いました!成長は、いくつもの「眼」が底上げをする!!

1月2回目のサポートで 名取北(通称ナトキタ、または北高)サッカー部に伺いました。 今回は、これまでに行ってきたRun Skill Trainingの応用動作と、ジャンプコーディネーション、ヘディングコンタクトをテーマとして実施しました。 特に悪い行いをした記憶はないのですが・・・。 チームに到着して、「さぁや…

続きを読むread more

【体験授業】実際に走ってみないとわからない!陸上競技場へ行きました。

今日で専門学校の年内最終授業となりました。 普段は、教室での座学のみをおこなっていた1年生クラスですが、思いつきと学生からのレスポンスを受けて急きょ屋外での授業となりました。 元々は、ストレングス&コンディショニングの理論を学ぶ授業です。 持久性トレーニングのプログラムデザインについて進めていたところ、「LTっ…

続きを読むread more

KAYOU勉強会 ⇒ 2009年度版トレーナーズ“寺子屋”

【毎週火曜日 17:30より 90分 仙台リゾスポ新館 トレーナールーム】 を会場として、フリー参加のトレーナー勉強会を開催しています。  テーマは自由! 参加も自由!で実施しています。 集まったメンバー同士の交流や近況を話しあったり、僕が持っていくトピックスを展開したり・・。 今回の写真は、先日行われた「M…

続きを読むread more

国内で解剖実習!? 軟骨が・・。 ACLが・・。

なんと、解剖実習を行いました!! ・・・と言っても、解剖したのは KFCのオリジナルチキン。 知っていましたか?KFCのチキンは部位ごとに9種にも分けられます。 その内から 「ドラム(脚)」を選択して、学生とともに 「KFC実習」です。なんとこの企画に参加した学生は21名!! 20個以上のチキンを購…

続きを読むread more

【パーソナルトレーナー学習】 シュミレーション活動から体験する

専門学校で行っている授業を少し紹介します。 今年から新たに試みている内容として、「パーソナルトレーナーシュミレーション」があります。 これは、クラスメイトを仮のクライアントと見立て、1人のクライアントに2~3人づつグループでパーソナルトレーナーチームをつけます。 クラス内には4~5個程度のグループができるの…

続きを読むread more

学生トレーナーの活動 プロジェクト PUMA

毎年恒例の学生トレーナー活動イベント PUMA CUPトレーナーブース活動 が行われました。 今回も僕が指導教官として携わることになりました。実に44名の学生トレーナーが1ヶ月の準備期間を経て選手にサポートすることとなりました。 その活動の様子を以下のブログでご紹介しています。よろしければご覧ください。 プロジェク…

続きを読むread more

最終準備!

毎年恒例のトレーナーイベント【PUMA CUPサッカートレーナーブース活動】が明日から始まります。 4日間の長丁場!高校生のサッカーイベントに、学生トレーナー達がサポートにあたります。 日中の会場サポート、夜のホテル内トレーナールームサポートでは、ペアストレッチやテーピングのサービス 応急処置やドリンクサポートを行う予…

続きを読むread more

【セミナー開催】公認アスレティックトレーナーを目指すための基礎分野勉強会 開催

本日より、【公認アスレティックトレーナーを目指すための基礎分野勉強会】が始まりました。 この勉強会は、公認ATのみならず、トレーナーの勉強を深めたい人たちに広く門戸を開いた内容をお届けするものです。 12月までの6ヶ月で、90分×40回以上のロングラン講義を実施します。 僕の担当は、上肢のスポーツ障害について、その病…

続きを読むread more

TEAM PUMA

今年も、例年お世話になっている トレーナーブース活動 【PUMA CUP】の準備が始まりました。 今年は、過去最高の45名の学生が自主的にエントリーしてくれています。 本日が1回目のガイダンス 2年生の先輩トレーナーが中心となって、ここから4週間の準備Weekがスタートします!! この春入学した1年生も初…

続きを読むread more

仲間がいて、熱くなる。

学生の施設見学実習として、仙台大学に伺いました。 仙台大学には僕も『卒業生』というだけでなく、卒後も『非常勤講師』として大変お世話になっています。 今回は、専門学校の学生が大学内施設並びに、活動されているトレーナーの方々にお話を伺うことができました。 さすがに東北北海道唯一の体育大学だけあって、アスレティッ…

続きを読むread more

マインドの種を忘れない。

仲間の能力の高さに嫉妬できない仲良しグループは、 良い結果が残せない。 (日経ビジネス、仲代達矢) 「あの子は真面目だから・・。」 「私にはちょっとそこまでは・・・。」 「あいつすげぇな・・。あ、俺ムリ・・。」 こんな風に思ってないかな?それとも、「誰かが出てから次に・・」なんて周りをキョロキョロしてない…

続きを読むread more

入口になる ”場” を創ること。

今年は、新たな試みとして 学生達が自主的に集う 「勉強会」を開催しています。 ここでは、授業では学べない ”先取り”の知識や技術について学んでいます。 クラスや日頃の仲間同士の枠を超えた交流や、学年を越えた交流が、口コミで人を集めています。 【人との関わりからしか学べないモノ】がやはり、あるようです。 …

続きを読むread more

専門職への教育について

Training Journal  6月号 2009年5月15日より 大変ご無沙汰をしていましたが、書籍のご紹介と感じた事を少しばかり。 今月のトピックスの中に、「専門職への教育について」と書かれていました。 専門学校での教育に携わる立場からとても勉強させていただきました。  今回は、鈴木さん、八田さん、小平さんの対…

続きを読むread more

チャンスは逃すな。

失敗することを心配するな。 チャンスを逃すことを心配しろ。 (引用元不明) 失敗は、自分が本当の挑戦をするためのリハーサル です。だから、沢山、いろんな種類の失敗をしなければリハーサルにはならない。 しかし、チャンスはステージに上がれるかどうか?が決まる瞬間 です。 これはステージに上がらなければ、せっかくの…

続きを読むread more

『がんばって』 って言われると・・。

『がんばって!』って言われると ・・重い・・。 と感じることってある。 そんなフレーズが今日学生達との会話の中で出てきました。 『がんばり方って何?』 『自信ってそうそう持てないよ』 たしかに、新しい世界へのチャレンジや 自分への変化を考える時って 苦しい。 ”不安” が急に襲ってきたりする。 そ…

続きを読むread more

遺伝子の広がりを知る。

『今までに、トレーナーに関わってもらった事のある人?』 この質問は今年で5年目になります。 今年入学してきた1年生に 最初の授業に投げかける言葉。 各クラス、その1/3が手を挙げてくれました。 しかも、詳しく尋ねてみると・・・ 僕が良く知っている トレーナーの方々の名前が次々あがりました。 5年・・。…

続きを読むread more

チームとトレーナーと。

バレーチームでの最後の挨拶をする学生 高校バスケチームで活動した学生トレーナーとチームメイト 学生トレーナー達がこの1年間にお世話になったチームでそれぞれ、最後の活動を行いました。 毎回のトレーナー活動で多くを悩み、考え、感動をともにしたチームでの最後の活動です。 1年はとても早く過ぎ、また予想以…

続きを読むread more

こだわりの道具

このハサミは、通常バンテージシザースとか、ヘビーシザースなどと呼ばれているものです。 主に、テーピングテープを切る際に使用します。 僕がトレーナー活動をする際には、必ずこのシザースを使用するようにしています。チームのトレーナーズバックには他にも多数のテーピングシザースが用意されているのですが、このシザースは他の学生トレー…

続きを読むread more

破れた夢があるから。

夢の前には、破れた夢がある。 それを忘れずバネにした人だけが、 夢を叶えられるかもしれない。 (作者不詳) 思っていた望みが消えかかることがあります。 時に、見えなく事があります。人に消されるかのように見えたり、誰かに奪われたように感じたり。 でも、その望みが 「本当に消えて」 しまうのであれば、…

続きを読むread more

今、始まる。

今年も、多くの学生達が卒業を迎えることができました。 学校に関わると、1年間の締めくくりはやはり3月。 この1年は、僕にとってそして関わった学生達にとって大きな意味もつ年となりました。 “恥をかく事で教えてもらう。” “ひたむきさが、成長を運んでくる。” 学生達の真剣な想いと、うまくいかなくとも、“続ける…

続きを読むread more

学んだこと。

わたしが学んだのは、 目的地ではなく、 道中を楽しむこと、 そして人生には予行演習はなく、 毎日が本番だということです。 (世界一小さなアドバイス 幸せへの扉、アナ・クィンドレン) 今日、22日は僕の下で勉強をしていた2人の学生が、トレーナーの”腕試し!”として実技検定試験に臨んでいます。 僕は…

続きを読むread more

必要だから起こる。

どんなことでも、 自分に必要だから起こる。 (13歳からのシンプルな生き方哲学、船井幸雄) 来るべく時に、会うべき人と、理由があって、関わる。 その時にどんな想いをもって、どんな行動をとり、どんな発言ができて、 どんな印象を相手に与えられるか? が僕たちを表す 一つの形をつくる。 どうなりたいか?をいつも…

続きを読むread more

昔のwebサイトを発見・・。

以前、 自分の勉強のために作成した ページを久しぶりに見つけました。 学生トレーナー時代の勉強をまとめたものです。 皆さんの参考になるものがあれば・・・。 トレーナー advance  http://www.geocities.jp/aoshima83/

続きを読むread more

学びのスパイラル

人間の社会は、どこへ行っても同じです。 まず基礎があり、体験があって、 その上に読書が付加価値をつける。 そして更なる体験がある。 これの繰り返しです。 (雑誌「プレジデント」) 『基礎』って、人によって違うものをイメージしますね。 「基礎が大事だ!」とスポーツでは話がでます。 でも、基礎ってす…

続きを読むread more

知ろうとする事が、大事。

知らないことは恥じゃない、 知ろうとしないことが恥なんだ。 (五木寛之) 今、2人の学生が 2年間のトレーナー経験を「腕試し!」するために必死に向き合っています。 いろんな事が未熟。 知らないことばかり。 でも・・・、だから知ろうとする。 チャレンジする。  その事が、 一番大事。 

続きを読むread more