テーマ:トレーナー学習

【トレーニング指導】 栄養サポート 福岡高校バスケ部

引き続き、福岡高校サポートです。 2日目のサポートでは、「座学」での栄養講座を行いました。 栄養・・といっても、話の中心は 「何を食べたら良いんだろう?Q&A」を行いました。 僕から用意したテーマは、「日頃不足がちなタンパク質の大切さと、意外と難しい必要量」というもの。 この話をきっかけにフロアからの質問…

続きを読むread more

TEAM PUMA

今年も、例年お世話になっている トレーナーブース活動 【PUMA CUP】の準備が始まりました。 今年は、過去最高の45名の学生が自主的にエントリーしてくれています。 本日が1回目のガイダンス 2年生の先輩トレーナーが中心となって、ここから4週間の準備Weekがスタートします!! この春入学した1年生も初…

続きを読むread more

マインドの種を忘れない。

仲間の能力の高さに嫉妬できない仲良しグループは、 良い結果が残せない。 (日経ビジネス、仲代達矢) 「あの子は真面目だから・・。」 「私にはちょっとそこまでは・・・。」 「あいつすげぇな・・。あ、俺ムリ・・。」 こんな風に思ってないかな?それとも、「誰かが出てから次に・・」なんて周りをキョロキョロしてない…

続きを読むread more

「誰かがすばらしい成功を収めたということは、他の人にも同じことができるという証明である」

「誰かがすばらしい成功を収めたということは、他の人にも同じことができるという証明である」 エイブラハム・リンカーン 誰かが成し遂げた。 それはつまり、僕にも、君にも、同じように できる可能性があるってこと。 誰かの成功を羨む事も時にはあっていいと思います。 その羨む気持ちは、“僕にもできるってことだな…

続きを読むread more

入口になる ”場” を創ること。

今年は、新たな試みとして 学生達が自主的に集う 「勉強会」を開催しています。 ここでは、授業では学べない ”先取り”の知識や技術について学んでいます。 クラスや日頃の仲間同士の枠を超えた交流や、学年を越えた交流が、口コミで人を集めています。 【人との関わりからしか学べないモノ】がやはり、あるようです。 …

続きを読むread more

【セミナー開催】アスレティックトレーナーになるための基礎分野勉強会シリーズ

このたび、将来アスレティックトレーナーとして活動したい!と希望をしている学生や専門学校、大学の卒業生を対象とした基礎分野における勉強会をシリーズで開催します。  この勉強会では、日本体育協会公認アスレティックトレーナー資格保持者による講義のほか、専門学校・大学で教鞭をとられている専門の講師が講義を担当します。 卒後の…

続きを読むread more

専門職への教育について

Training Journal  6月号 2009年5月15日より 大変ご無沙汰をしていましたが、書籍のご紹介と感じた事を少しばかり。 今月のトピックスの中に、「専門職への教育について」と書かれていました。 専門学校での教育に携わる立場からとても勉強させていただきました。  今回は、鈴木さん、八田さん、小平さんの対…

続きを読むread more

【セミナー開催】 FTEX東北 オープン勉強会および講習会

このたび、FETX東北支部では、以下のように 多く一般の皆さんにご参加いただけるオープン勉強会ならびに、オープン講習会を開催いたします。 4日の勉強会におきましては、川口浩太郎先生(兵庫医療大学)をお招きして、先の「理学療法 26巻3号 2009年3月」に掲載された内容をさらに詳しくご紹介いただきます。腰痛に対する「動き」と身体…

続きを読むread more

チャンスは逃すな。

失敗することを心配するな。 チャンスを逃すことを心配しろ。 (引用元不明) 失敗は、自分が本当の挑戦をするためのリハーサル です。だから、沢山、いろんな種類の失敗をしなければリハーサルにはならない。 しかし、チャンスはステージに上がれるかどうか?が決まる瞬間 です。 これはステージに上がらなければ、せっかくの…

続きを読むread more

『がんばって』 って言われると・・。

『がんばって!』って言われると ・・重い・・。 と感じることってある。 そんなフレーズが今日学生達との会話の中で出てきました。 『がんばり方って何?』 『自信ってそうそう持てないよ』 たしかに、新しい世界へのチャレンジや 自分への変化を考える時って 苦しい。 ”不安” が急に襲ってきたりする。 そ…

続きを読むread more

遺伝子の広がりを知る。

『今までに、トレーナーに関わってもらった事のある人?』 この質問は今年で5年目になります。 今年入学してきた1年生に 最初の授業に投げかける言葉。 各クラス、その1/3が手を挙げてくれました。 しかも、詳しく尋ねてみると・・・ 僕が良く知っている トレーナーの方々の名前が次々あがりました。 5年・・。…

続きを読むread more

チームとトレーナーと。

バレーチームでの最後の挨拶をする学生 高校バスケチームで活動した学生トレーナーとチームメイト 学生トレーナー達がこの1年間にお世話になったチームでそれぞれ、最後の活動を行いました。 毎回のトレーナー活動で多くを悩み、考え、感動をともにしたチームでの最後の活動です。 1年はとても早く過ぎ、また予想以…

続きを読むread more

こだわりの道具

このハサミは、通常バンテージシザースとか、ヘビーシザースなどと呼ばれているものです。 主に、テーピングテープを切る際に使用します。 僕がトレーナー活動をする際には、必ずこのシザースを使用するようにしています。チームのトレーナーズバックには他にも多数のテーピングシザースが用意されているのですが、このシザースは他の学生トレー…

続きを読むread more

ほとんどの人は・・。

ほとんどの人は、本当の自分の限界よりも 手前に線を引いてるんだから。 その一歩先の自分の可能性に気づかないまま、ね。 (あだち充、H2) “全力で走りぬける” って 難しい。 でも、そうでないと破れない壁がある。 ソニックウェーブ(衝撃波)を打ち破るために、ジェット機は音速を超えるスピードまで加速をする。…

続きを読むread more

破れた夢があるから。

夢の前には、破れた夢がある。 それを忘れずバネにした人だけが、 夢を叶えられるかもしれない。 (作者不詳) 思っていた望みが消えかかることがあります。 時に、見えなく事があります。人に消されるかのように見えたり、誰かに奪われたように感じたり。 でも、その望みが 「本当に消えて」 しまうのであれば、…

続きを読むread more

今、始まる。

今年も、多くの学生達が卒業を迎えることができました。 学校に関わると、1年間の締めくくりはやはり3月。 この1年は、僕にとってそして関わった学生達にとって大きな意味もつ年となりました。 “恥をかく事で教えてもらう。” “ひたむきさが、成長を運んでくる。” 学生達の真剣な想いと、うまくいかなくとも、“続ける…

続きを読むread more

負の連鎖が始まる時。

毎日の生活の中で、“続けて良くない事が起こる”時があります。 まぁ、それが何回?と言い出すときりがないですが、自分の感覚の中で“あ、続いているな”と感じればその時です。 このような時は、多くの場合 “自分の気づかない部分で集中力が落ちている” 時です。 それが疲れなのか、 人との関係なのか、 仕事のストレスなのか・・・。 …

続きを読むread more

【開催しました】 第7回 JATI東北支部 ワークショップが開催できました。

昨日、JATI東北支部第7回ワークショップが無事に終了いたしました。 今回は、龍谷大学教授で、JATI理事でもある 長谷川裕先生をお招きしてのセミナーとなりました。 内容は、「スポーツトレーニングにおけるモニタリングの意義と方法」です。 ここでは、世界のトップクラスが実際に使用している パフォーマンス評価の指標について ご…

続きを読むread more

学んだこと。

わたしが学んだのは、 目的地ではなく、 道中を楽しむこと、 そして人生には予行演習はなく、 毎日が本番だということです。 (世界一小さなアドバイス 幸せへの扉、アナ・クィンドレン) 今日、22日は僕の下で勉強をしていた2人の学生が、トレーナーの”腕試し!”として実技検定試験に臨んでいます。 僕は…

続きを読むread more

【ウォーミングアップ】基本的な流れの考え方

ウォーミングアップの基本的な考え方を載せてみました。 これは、以前セミナーでご紹介させていただいた資料の一部です。 特に、基本的な動作についてウォームアップをおこなう場面では、 障害を予防するための基礎動作 や 障害を抱えている選手に対する “宿題メニュー”などを実施することが多いですね。 それまでに行ってきたコ…

続きを読むread more

必要だから起こる。

どんなことでも、 自分に必要だから起こる。 (13歳からのシンプルな生き方哲学、船井幸雄) 来るべく時に、会うべき人と、理由があって、関わる。 その時にどんな想いをもって、どんな行動をとり、どんな発言ができて、 どんな印象を相手に与えられるか? が僕たちを表す 一つの形をつくる。 どうなりたいか?をいつも…

続きを読むread more

昔のwebサイトを発見・・。

以前、 自分の勉強のために作成した ページを久しぶりに見つけました。 学生トレーナー時代の勉強をまとめたものです。 皆さんの参考になるものがあれば・・・。 トレーナー advance  http://www.geocities.jp/aoshima83/

続きを読むread more

学びのスパイラル

人間の社会は、どこへ行っても同じです。 まず基礎があり、体験があって、 その上に読書が付加価値をつける。 そして更なる体験がある。 これの繰り返しです。 (雑誌「プレジデント」) 『基礎』って、人によって違うものをイメージしますね。 「基礎が大事だ!」とスポーツでは話がでます。 でも、基礎ってす…

続きを読むread more

リスクの種類

リスクには基本的に、4つの種類がある。 第1に 負うべきリスク、 第2に 負えるリスク、 第3に 負えないリスク、 第4に 負わないことによるリスク。 (ドラッカー名著集) リスク管理とよく言いますが、 社会的な責任・法的な面のリスクも当然あるものの、 相手の心を傷つけるリスク 、 自分…

続きを読むread more

知ろうとする事が、大事。

知らないことは恥じゃない、 知ろうとしないことが恥なんだ。 (五木寛之) 今、2人の学生が 2年間のトレーナー経験を「腕試し!」するために必死に向き合っています。 いろんな事が未熟。 知らないことばかり。 でも・・・、だから知ろうとする。 チャレンジする。  その事が、 一番大事。 

続きを読むread more

力が出せる時代

夢をつかんだ奴より、 夢を追ってる奴の方が 時には力を発揮するもんでさぁ。 (銀魂、空知英秋) 昨日、僕の下でアシスタントをしてくれていた学生トレーナー達の送別会がありました。 春からそれぞれが、また新たな道を選んで進んでいきます。 一人一人が違う経験をしたし、違う事を感じた2年間だったよ…

続きを読むread more

強くなれた1年。

自分のためじゃなく、 誰かのためにがんばれるようになった時、 強くなれるんだな。 (NHKドラマ「どんど晴れ」) 専門学校の授業が本日で終了しました。 2年間の生活を終えた者、 入学してからの1年をやっと乗り越えた者、 様々です。 自分にとって最高の1年であったかどうか? それは、“自分のために…

続きを読むread more

【講演が終了しました】宮城スポーツネットワークセミナー

昨日のJATI東北支部ワークショップに引き続き、本日もセミナーを担当させていただきました。 【宮城スポーツネットワークセミナー】 この会は、日本体育協会公認アスレティックトレーナー連絡協議会の参加である、「宮城県アスレティックトレーナー連絡協議会」によって行われたものです。 宮城県内の公認アスレティックトレーナ…

続きを読むread more

ちょっとの努力 の問題

私たちに起こる問題は、すべて 「ちょっとの努力が必要な」 問題ばかりです。 そのちょっとの努力を するかしないかの違いが、 人の能力の大きな差として 出てくるのです。 (一冊の手帳で夢は必ずかなう、熊谷正寿) ちょっとの努力。・・できてないなぁ。 ちょっとの我慢や、ちょっとの気配り。 ちょっとした…

続きを読むread more